『ギ・あいうえおス』上映 at Q910(茅野市 かんてんぐら)

banner_ギあいうえおス

長野県茅野市にあるイベントスペース「かんてんぐら」(昔は繭や寒天の蔵だったそうです!)にて
ギ・あいうえおスの上映があります。

公式FBより抜粋
昭和初期に建造され、現在では希少な建築物である板倉造の蔵『かんてんぐら』の空間を、
映像、音、パフォーマンス…などの多様な表現が交錯します。
迎合に励む表現が蔓延する昨今、新たなヴィジョンを描き出す気鋭のクリエイターを招聘して、
あなたを異空間の果てへと誘います。

前回のかんてんぐら〈Q710〉の映像はこちら!
Q716 / 赤錆健二

Q716の映像です。HD推奨‼︎次回はQ910。

Posted by Information of Q on 2015年8月26日


【日時】
2015年9月10日(木)/19:00〜22:00(開演19:30)

【場所】
長野県茅野市宮川4434
宮川かんてんぐら(地図
※宮川くらの会 http://www.chinonet.net/miyakura

【料金】
2,000円

【参加アーティスト】
伊東篤宏松本一哉Mighty Mummy Frogs柴田 剛



詳しくは こちら

『おそいひと』第63回サン・セバスチャン国際映画祭で上映!

banner_おそいひと

『おそいひと』が第63回サン・セバスチャン国際映画祭(2015年9月18〜26日開催)で
上映されることになりました。

スペインのサン・セバスチャンで開催される歴史も規模も最大級の国際映画祭です。
ヨーロッパではカンヌ、ベルリン、ヴェネチアに次いで重要な映画祭と位置づけられています。

『おそいひと』が上映されるのは、
「ニュー・ジャパニーズ・インディペンデントシネマ2000-2015」という企画の枠で、
2000年から2015年にかけて日本で製作されたインディペンデント作品を厳選して紹介する特別回顧展。
諏訪敦彦監督『H story』、塚本晋也監督『六月の蛇』、黒沢清監督『アカルイミライ』、
河瀬直美監督『垂乳女』、園子温監督『愛のむきだし』、濱口竜介監督『PASSION』など
二十数作がラインナップされています。

詳しくは以下のサイトからご覧ください。

第63回サン・セバスチャン国際映画祭
http://www.sansebastianfestival.com

New Japanese independent cinema 2000-2015
http://www.sansebastianfestival.com/2015/sections_and_films/thematic_retrospective/1/4954/in

シマフィルム
http://shimafilms.com/topics/news/269/

デジタルリマスター版『NN-891102』上映 at mograg gallery



柴田本人も画質のキレイさに感動した
デジタルリマスター版の『NN-891102』が
東京御徒町のモグラグギャラリーで上映されます。



【日時】
2015年8月29日(土)
19:00〜

【場所】
〒111-0041
東京都台東区元浅草1-5-1(地図
mograg gallery

【料金】
1,000円(1ドリンク付き)

観覧希望の方は、お名前を明記の上 info@mograg.com までメールをお送りください。
観覧の可否はイベント日程の5日前までにメールでお知らせします。

『おそいひと』上映 at 京都 立誠シネマ

banner_おそいひと

京都・四条河原町エリア 立誠シネマ の戦後70年企画で『おそいひと』が上映されます。

立誠シネマ 戦後70年企画
戦後70年を迎える今夏、立誠シネマでは独自のラインナップを組んで過ごします。
新旧とりまぜた洋画と邦画の“対バン”形式で、3つの章立てをしています。
そこに何か普遍の物語が浮上してくるのか、あるいは互いにぶつかり合う閃光を垣間見るのか。
すべてはスクリーンの前に私たちが立ち会った時に現れることでしょう。

【上映作品】
vol.1 〜ディストピア篇〜
『神々のたそがれ』(アレクセイ・ゲルマン監督)
『追悼のざわめき』(松井良彦監督)

vol.2 〜ユートピア篇〜
『ザ・トライブ』(ミロスラヴ・スラボシュピツキー監督)
『おそいひと』(柴田 剛)

vol.3 〜黎明篇〜
『ひろしま』(関川秀雄監督)
『二十四時間の情事』(アラン・レネ監督)

【おそいひと 上映スケジュール】
8月08日(土)〜8月14日(金)16:40〜
8月15日(土)〜8月20日(木)19:20〜

【場所】
京都市中京区備前島町310-2(木屋町蛸薬師下ル)
元・立誠小学校 南校舎3階(地図

【料金】
1,300円/立誠シネマ会員:1,000円

【企画キャンペーン】
関連企画作品(上記6作)ご鑑賞半券提示で本企画2回め以降のご来場は、1200円に割引いたします。
戦後70年めぐりスタンプラリーカード発行(スタンプがフルに貯まった方は立誠シネマご招待券を2枚進呈)。

詳しくは こちら

ヒスロム ツアー『まちをみてきく』参戦中

ヒスロムツアー2015 東京編
まちをみてきくIIIIII



ヒスロムが東京 小川町の築50年の9階建てのビルを1棟借りて、
全4回全て内容を変えたパフォーマンスを行います。
柴田は、名古屋、長野、山梨、東京までの旅に同行し撮り続けた映像をお披露目いたします。



【日時】
2015年7月25日(土)〜26日(日)

【場所】
東京都千代田区神田小川町2-3-3
松岡小川町ビル3階(地図

【料金】
各回2,000円(2回目以降の観覧は500円引き)

【スケジュール】
▼7月25日(土)
13:00-16:00:遠藤水城(インディペンデントキュレーター)、ヒスロム、グルパリ(ミュージシャン)
18:00-21:00:柴田剛(映画監督)、大木裕之(映像作家)、内堀義之(写真家)、ヒスロム、グルパリ
▼7月26日(日)
13:00-16:00:岡啓輔(セルフビルダー)、ヒスロム、グルパリ
18:00-21:00:藤田陽介(ミュージシャン)、伊東篤宏(ミュージシャン)、ヒスロム、グルパリ


柴田も遠隔登場しているツアープロモーションビデオはこちら
https://www.youtube.com/watch?v=rzSY7ed8G3E

ツアー詳細
https://www.facebook.com/hyslomhisuromu